ぶどう園のこだわり

「井上ぶどう園」は、果物王国とも呼ばれる岡山県で、ピオーネを中心に数種類のぶどうを栽培してます。種無しで大変甘い「大粒のピオーネ」を、ぜひ一度ご賞味ください!

種なしピオーネ

■発送するぶどうの糖度

市場出荷の規格では16度以上が基本ですが、井上ぶどう園から発送するピオーネは17~18度の物をお送りしています。(糖度は糖度計で測定しています。)

■減農薬

できる限り減農薬に取り組み、大切に育てています。草生栽培で年に数回の草刈りに大変な労力を要しますが、お客様に最高のピオーネをお届けするために、2006年より取り組んでいます。

■収穫したら最短で発送

早朝に収穫したぶどうを箱詰めし、午前中には発送します。翌日にはお客様のお手元にお届けできるよう最善を尽くしています。 

(地域によっては、翌々日のお届けとなります。)

 

※岡山の美味しいピオーネをお届けできるのは、7月下旬~9月上旬頃までです。

■ぶどう園の取り組み

ぶどうのための堆肥づくり

 井上ぶどう園では、お客様に安心して食べていただけるぶどうをお届けするために、様々な取り組みをしています。

 

減農薬栽培に努めています。

農薬散布は必要最低限にとどめ、除草剤は使用していません。そのためすべての畑で、早生栽培を行っています。1年に数回行う草刈りは大変な重労働ですが、6年前から草刈り機も導入して人力との併用で行っています。

 

一部のぶどう畑は、萱やシダなどを刈って堆肥にした物を入れています。ぶどうの品質・食味・着色をより向上させるための「健全な土壌作り」にトコトンこだわっています。 

 

収穫後の秋には、土つくりのため樹の回りに穴を堀り、ピートモスと苦土セルカを混ぜたものを掘った穴に入れ、埋め戻す作業を行っています。

細根を増やし肥料の吸収をよくして、ぶどうの品質向上に努めています。

 

お客様へお届けするぶどうについては、早朝に収穫した物をよく吟味をして着色のよいもの・糖度は17度以上・食味の良いものをお届けしています。

 

お客様の笑顔が私達の元気の源です。

これからもどうぞよろしくお願い致します。